2010年05月13日

鳩山首相、小沢氏の続投容認「卓越した手腕」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は12日夜、東京地検特捜部が民主党の小沢一郎幹事長に対し、3度目の任意の事情聴取を要請したことについて「小沢氏から報告はいただいていない。ご自身で判断していただくことだと思う」と述べた。また、「小沢幹事長は党の運営に卓越した手腕を発揮している。評価すべきだ」とも述べ、改めて小沢氏の幹事長続投を容認する考えを表明した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
民主参院選の公約、財政健全化など9本柱
ネット選挙運動 なぜツイッターはダメなの?
ぶら下がり取材の時間で鳩山首相が反論
5月決着は努力目標? 首相「できる限りのことはする」
「厳しい逆風」と報告 石井氏、首相らに苦言
少子化を止めろ!

爪は健康のバロメーター 手入れで健康管理に一役(産経新聞)
田島氏“お祭りガールズ”結成(スポーツ報知)
福島で全国最高33.3度=7日以降は雨も−気象庁(時事通信)
普天間移設 亀井氏「くい打ち方式案は困難」(毎日新聞)
白鵬米 モンゴルでプロジェクト開始 北海道滝川市と協力(毎日新聞)
posted by クリキ コウイチ at 22:12| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

<もんじゅ>冷却系配管で高温警報(毎日新聞)

 日本原子力研究開発機構は8日、試験運転中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市、28万キロワット)の原子炉建物(管理区域)で同日午後4時45分ごろ、原子炉を冷やす1次系ナトリウムの温度が一時的に上限値を超え警報が作動したと発表した。警報は午後5時1分に解除し、周辺の環境や試験継続に影響はなかったという。

 温度が上昇したのは、原子炉を止めて点検する際に原子炉を冷やす1次メンテナンス冷却系配管。ナトリウムは220〜230度の間に制御しているが、上限値の250度を超えると警報が鳴る。もんじゅは同日午前10時36分に運転再開後初の臨界に達したが、約1時間後に出力を下げており、機構は「臨界と温度上昇は関係がない」としている。【酒造唯】

【関連ニュース】
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ
もんじゅ:警報機誤作動…原子力機構、公表遅れる
もんじゅ:5月6日運転再開を発表

<アカヤシオ>ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
たちあがれ日本、自称「B’z稲葉」の33歳イケメンを擁立(スポーツ報知)
九尺藤 カーテンのような花房 兵庫・丹波で見ごろ(毎日新聞)
宮古島で震度3(時事通信)
横粂氏、党執行部に鳩山、小沢氏の辞任を要求へ(スポーツ報知)
posted by クリキ コウイチ at 09:59| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。