2010年02月09日

初動で手掛かり確保を=不審死事件で警察庁長官(時事通信)

 埼玉と鳥取の連続不審死事件で容疑者の女が逮捕されたことに関し、安藤隆春警察庁長官は4日の記者会見で、「容疑者が黙秘、否認するケースも多くなっているほか、直接証拠に乏しい事件も増えていくと思われる」と指摘。「犯人の手掛かりをいかに確保するかが一層重要になり、初動体制の確立が必要だ」と述べた。 

【関連ニュース】
結婚詐欺 連続不審死事件
金無心の送信メール削除=木嶋容疑者、証拠隠滅か
財布の残金は数千円=木嶋容疑者が抜き取りか
死亡男性のバッグ持ち出しか=木嶋容疑者、偽装工作の疑い
「お答えできない」連発=捜査1課長ら会見

<諫早湾干拓事業>国、県に開門要請へ 反対派漁協方針転換(毎日新聞)
<訃報>チカップ美恵子さん61歳=アイヌ民族地位確立訴え(毎日新聞)
明細書発行を義務付け=来年度から患者全員に無料で−中医協(時事通信)
3人ひき逃げ死、逃走のブラジル人逮捕(読売新聞)
自転車で女性つけ脇腹触る…救急隊員「魔がさした」(読売新聞)
posted by クリキ コウイチ at 02:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。