2010年05月19日

13年度底にV字回復目指す―武田薬品(医療介護CBニュース)

 武田薬品工業は5月12日、2012年度の売上高目標を1兆3300億円とする「10―12中期計画」を発表した。これは昨年度の売上高実績1兆4660億円を1360億円下回るレベル。長谷川閑史社長は記者会見で、昨年度に全世界で3847億円(米国では31億9300万ドル)売り上げた糖尿病治療薬アクトスの米国での後発品参入(単剤=12年8月、合剤=同12月)の影響が通年で出る13年度を底に、新製品投入や進出地域拡大などにより毎年10%程度の持続的成長を目指すとした。

【国内医療用医薬品売上高詳細】


 また同社は、今年度に米国を中心にグローバルで約10%の人員削減を実施することを明らかにした。長谷川社長は「日本ではリストラは考えていない。久しぶりの新製品ラッシュを迎えており、当社の2000人のMR(医薬情報担当者)数は競合他社と比べても決して多くない。むしろ少なく、考え直さなければいけない状況だ」と述べた。

 山中康彦・医薬営業本部長は、国内で4月に承認を取得した糖尿病治療薬ネシーナ、抗がん剤ベクティビックス、不眠症治療薬ロゼレム、申請中のアクトスとネシーナの合剤で今年度に100億円近い売り上げを見込んでいると説明。これに4月に承認を取得した高血圧症治療薬ユニシア(ブロプレスとアムロジピンの合剤)、昨年3月に発売したエカード(ブロプレスと利尿剤の合剤)を合わせると、「この数字は倍以上になる」とした。

■今年度は減収・減益を予想

 同日発表した今年3月期決算(昨年度)は、米国での消化性潰瘍治療薬ランソプラゾール(米国製品名=プレバシド、国内製品名=タケプロン)の特許切れや円高の影響で、売上高は前年度比4.7%減の1兆4660億円。利益面では、前年度に計上した米社買収などに伴う費用がなかったことから、営業利益4202億円(37.1%増)、経常利益4158億円(27.1%増)、純利益2977億円(27.0%増)となった。

 今年度の業績予想は、国内で新製品の発売ラッシュとなるものの、プレバシドの売り上げ減や円高の影響を考慮し、売上高1兆4000億円(4.5%減)、営業利益3300億円(21.5%減)、経常利益3400億円(18.2%減)、純利益2200億円(26.1%減)の減収・減益。


【関連記事】
アクトス後発品参入時期を12年8月に設定―武田薬品
武田薬品、新製品5品目の承認を取得
新成分のARBを米国で承認申請―武田薬品
抗がん剤ベルケイドを共同販促へ―ヤンセンと武田薬品
武田薬品がアルツハイマー型認知症治療薬市場に参入へ

京都点滴混入裁判 検察側が懲役15年を求刑(産経新聞)
<警察庁長官>「弘道会に打撃を」都道府県警に要請(毎日新聞)
国会議員らが介護保険の公費負担などで公開討論(医療介護CBニュース)
「母の日のプレゼント代に」遊戯王カード盗む(読売新聞)
サッカーW杯南ア大会 開幕まで1カ月 (産経新聞)
posted by クリキ コウイチ at 02:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

鳩山首相、小沢氏の続投容認「卓越した手腕」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は12日夜、東京地検特捜部が民主党の小沢一郎幹事長に対し、3度目の任意の事情聴取を要請したことについて「小沢氏から報告はいただいていない。ご自身で判断していただくことだと思う」と述べた。また、「小沢幹事長は党の運営に卓越した手腕を発揮している。評価すべきだ」とも述べ、改めて小沢氏の幹事長続投を容認する考えを表明した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
民主参院選の公約、財政健全化など9本柱
ネット選挙運動 なぜツイッターはダメなの?
ぶら下がり取材の時間で鳩山首相が反論
5月決着は努力目標? 首相「できる限りのことはする」
「厳しい逆風」と報告 石井氏、首相らに苦言
少子化を止めろ!

爪は健康のバロメーター 手入れで健康管理に一役(産経新聞)
田島氏“お祭りガールズ”結成(スポーツ報知)
福島で全国最高33.3度=7日以降は雨も−気象庁(時事通信)
普天間移設 亀井氏「くい打ち方式案は困難」(毎日新聞)
白鵬米 モンゴルでプロジェクト開始 北海道滝川市と協力(毎日新聞)
posted by クリキ コウイチ at 22:12| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

<もんじゅ>冷却系配管で高温警報(毎日新聞)

 日本原子力研究開発機構は8日、試験運転中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市、28万キロワット)の原子炉建物(管理区域)で同日午後4時45分ごろ、原子炉を冷やす1次系ナトリウムの温度が一時的に上限値を超え警報が作動したと発表した。警報は午後5時1分に解除し、周辺の環境や試験継続に影響はなかったという。

 温度が上昇したのは、原子炉を止めて点検する際に原子炉を冷やす1次メンテナンス冷却系配管。ナトリウムは220〜230度の間に制御しているが、上限値の250度を超えると警報が鳴る。もんじゅは同日午前10時36分に運転再開後初の臨界に達したが、約1時間後に出力を下げており、機構は「臨界と温度上昇は関係がない」としている。【酒造唯】

【関連ニュース】
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ
もんじゅ:警報機誤作動…原子力機構、公表遅れる
もんじゅ:5月6日運転再開を発表

<アカヤシオ>ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
たちあがれ日本、自称「B’z稲葉」の33歳イケメンを擁立(スポーツ報知)
九尺藤 カーテンのような花房 兵庫・丹波で見ごろ(毎日新聞)
宮古島で震度3(時事通信)
横粂氏、党執行部に鳩山、小沢氏の辞任を要求へ(スポーツ報知)
posted by クリキ コウイチ at 09:59| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。